metaSANが実現するソリューション 画像
  サーバ毎のストレージ容量管理が不要
  metaSAN導入前イメージ 従来のSANではハードウエアは共有可能でしたが、それぞれSANのメンバーは割当られたストレージ容量を業務毎に使用していました。その為、ストレージの使用率にバラツキが生じ、無駄な投資が必要になりました。
 
metaSAN導入後イメージ
metaSANを使用することで、各コンピュータは共有ボリュームをそれぞれのローカルボリュームとして利用することができます。必要に応じてデータを保存することができ、ストレージの投資に無駄が発生しません。
 


 
metaLANページへリンク Tiger Technology社についてmetaSAN ホームへリンク metaSANページへリンク